賛助会員及び資格運営団体

-----

-----

― 会員企業一覧 ―

東芝情報システム株式会社

​中央べニヤ株式会社

大塚住宅建材株式会社

​NonBrokers株式会社

資格運営団体

資格運営団体とは

床下点検技術者資格の取得希望者に対して、適切な知識講習と床下点検技術者資格の実技試験・知識試験の適正かつ公正な試験運営を行うことができる団体を言います。
運営団体は、一般社団法人住宅産業先端技術革新協議会が定める運営団体規則を遵守するものとします。

運営団体申請条件・優遇制度

床下点検技術者資格の試験運営を行うことを希望する団体は、その設置・保有する施設を運営団体として申請し「運営団体」となる必要があります。

1.申請条件

企業、各種法人等の団体であり、且つ一般社団法人住宅産業先端技術革新協議会の賛助会員であること

床下点検技術者資格指導員(別紙参照)が所属していること(指導者がいない場合には、試験運営時にHI-Techから派遣される指導員が必要)。

一般社団法人住宅産業先端技術革新協議会が定める各種誓約事項、及び受験会場規約を遵守すること。

2.認定審査

申請された内容に基づき、運営団体として適切な試験運営ができるかどうかの審査を通過すること。

3.費用

賛助会員として以下の費用を支払うこと
入会金10万円、年会費6万円(初年度は入会金5万円、年会費3万円、年度途中の入会の場合は月割とする)

4.運営団体の優遇制度

① moogleレンタル時、運営団体向け特別価格が適用
② 試験会場 団体が設置・保有する施設においての受験が可能。
③ 受験人数 1名からの受験が可能
④ 受験料   会場割引料(還付金制度)の適用。運営費として受験者1名ごとに受験料の20%がHI-Techより支払われる。
⑤ 会場案内  一般社団法人住宅産業先端技術革新協議会のホームページ上にて会場名の告知(無料)。
⑥ 床下点検技術者資格告知用の各種媒体(フライヤー等)の提供(無料)。
⑦ 一般社団法人住宅産業先端技術革新協議会からの知識講習指導者(指導員)の派遣50,000円(通常価格100,000円)。
⑧ 試験実施に必要な資材(模擬床下、人数分テキスト、知識講習用資料)の提供(無料)

賛助会員企業

© 2018.HI-Tech All Rights Reserved.